生活習慣と深く関係する心疾患

日本人の死因で最も多いのがガンで、その次に多いのが心疾患となっています。心臓に起こる病気を総称して心疾患と言い、狭心症や心筋梗塞、不整脈などが挙げられます。心臓は生命活動で最も欠かせない臓器で、心臓から全身に送られる血液には、必要な酸素や栄養を運ぶ、不要な二酸化炭素や老廃物を回収するという役割があります。心疾患は、日々の生活習慣とも深く関係しています。

心疾患で最も多いのは

心疾患で最も多いのは、虚血性心疾患です。心臓を拡張したり縮めたりする心筋にも酸素や栄養が必要です。心臓のまわりにある冠動脈の血流が悪くなり、心筋への酸素や養分が足りなくなって起こります。そして虚血性心疾患には、狭心症と心筋梗塞の2つがあります。

狭心症

冠動脈が狭くなって心筋への血流が不足した状態が狭心症です。冠動脈の動脈硬化による場合が多くみられます。息切れや胸痛、呼吸困難などが起こりますが、少し休むと早くて1~2分、長くて15分程度でおさまってしまいます。

心筋梗塞

冠動脈の動脈硬化が進む、血栓ができるなど、冠動脈が完全に詰まって心筋に血液が行かなくなるのが心筋梗塞です。狭心症のようにおさまることはなく、胸が焼きつくような激烈な痛みを伴い、血流が途絶えた心筋は壊死し、その範囲が広いと命を落としてしまう危険性もあります。

心疾患の原因

高血圧や高血糖、喫煙、脂質異常は、虚血性心疾患の4大危険因子となっています。他に、動脈硬化や不整脈、内臓脂肪型肥満など、危険因子にもいろいろあります。虚血性心疾患は、日々の生活習慣が誘引していることがほとんどです。生活習慣を見直し、規則正しい生活を送ることが予防に繋がります。また、早期発見早期治療のためにも、定期的に健康診断を受けましょう。胸の痛み、突然激しく胸の痛みが続く、風邪ではないのに咳が出る、息が切れる、寝ると息苦しいといった体に出る前兆を見逃さず、少しでも異変を感じたら病院で相談することも重要となります。

東大阪市高井田元町にある当院では、内科や循環器科、リハビリテーション科の他、インフルエンザ予防接種などにも対応しております。 昔は成人病と言われていた病気は、生活習慣が関係していることが分かり、今では成人病ではなく生活習慣病と言われるようになりました。当院の内科では、生活習慣病の予防や治療など、循環器科では虚血性心疾患や大動脈瘤などに対応しており、病気と深く関係する生活習慣の指導も行っております。東大阪市高井田元町や周辺で生活習慣病が気になる方は、当院の内科や循環器科をご利用下さい。

アクセス

〒577-0054
大阪府東大阪市高井田元町2-6-22
TEL 06-6781-1860

近鉄奈良線「河内小阪駅」から徒歩5分、
近鉄奈良線・JRおおさか東線「河内永和駅」から徒歩5分

診療時間


午前
午後

 診療時間   9:00~12:00、17:00~19:00 

 休診日   火木土の午後、日曜・祝日