生活習慣病予防対策の段階について

生活習慣病予防の重要性をきちんと認識していますか?中には「どのように予防したら良いのか分からない…」という方もいらっしゃると思います。そんな方のために、こちらでは生活習慣病予防対策の段階についてご紹介いたします。

生活習慣病予防のためのBMIチェック

生活習慣病の原因の多くは、脂肪の増加といわれております。脂肪の増加は、脳卒中や心臓病を発症させてしまう最も重要な原因ですので、日頃からしっかりと自身の肥満度をチェックしていきましょう。BMIとは、肥満の程度を知るための指数です。 下記に式の使用方法をご紹介しますので、ぜひお試し下さい。

BMI=体重(kg)÷【身長(m)×身長(m)】

例:体重(60kg)、身長(175m)の場合、60÷【1.75×1.75】=19.5

18.5未満の場合

標準よりも低く痩せ型です。食事をきちんと食べ、適度な運動をして健康維持に努めましょう。

18.5以上25未満の場合

最も標準の数値です。
しかし、内臓脂肪や隠れ肥満の可能性がないとは限りませんので、油断することなく、適度な運動は行っていくようにしましょう。

25以上の場合

標準よりも高く肥満型です。
生活習慣病予備群としての可能性も否定できませんので、一次予防・二次予防をしっかりと行っていきましょう。

一次予防

生活習慣病予防策で最も重要視されているのが、この一次予防です。一次予防とは、「生活習慣病を発症させないためにライフスタイルを改善していきましょう」というものです。
つまり、普段の食生活や運動、休養、飲酒、喫煙を改善しながら、健康的な生活習慣を心がけていきましょうというのが、この一次予防です。

二次予防

二次予防とは、生活習慣病を早期発見・早期治療していきましょうというものです。生活習慣病予備群のチェックを行ったり、定期的に検診を受けたりなど、病気を早めに治療していけるように努めることが重要だということです。

三次予防

三次予防とは、生活習慣病を発症してしまったらしっかりと治療を受け、回復を目指し再発しないように努めていきましょうというものです。つまり、「治療は終わったから!」ということではなく、再発しないための一次予防を心がけていくことが重要だということです。

当院では、生活習慣病との関係が深い、高血圧や高脂血症、肥満、メタボリックシンドローム、痛風、糖尿病治療などを行っております。
肥満型、もしくは成人病予防や糖尿病予防に努めたいという方は、ぜひ一度当院にご相談下さい。
その他、一般内科や循環器科の治療も行っておりますので、急な熱や風邪をはじめ、心筋梗塞、高血圧、低血圧などでお悩みの方もお気軽に受診下さい。当院は、河内永和駅から徒歩5分の場所に所在しておりますのでアクセスも大変便利です。

アクセス

〒577-0054
大阪府東大阪市高井田元町2-6-22
TEL 06-6781-1860

近鉄奈良線「河内小阪駅」から徒歩5分、
近鉄奈良線・JRおおさか東線「河内永和駅」から徒歩5分

診療時間


午前
午後

 診療時間   9:00~12:00、17:00~19:00 

 休診日   火木土の午後、日曜・祝日